安心して包茎手術を受けるには~患者が不安に感じていた事~

男性特有の悩み「包茎」は、自分でどうにか解決できる問題ではありません。その悩みを解決できるのが包茎手術クリニックです。
包茎をコンプレックスと捉えるのは日本の男性に多いとされています。なぜなら日本人男性は包茎であることが多いからです。症状はさまざまですが、重度である場合は早急に治療すべきだと思います。ただ、包茎手術や治療を受けるにはクリニック選びをしなくてはなりませんよね。日本全国には数多くの包茎手術クリニックがあります。その中から信頼できるところを探すのはなかなか大変なものです。それに、どのような事に重点をおいて選べば良いか分からないですよね。
そこで、ここでは包茎手術を安心して受けられるクリニックの探し方として、実際の患者さんが包茎手術を受ける前に気にしていた事について、包茎手術の手術方法やカウンセリング、男性スタッフの割合、術後のアフターケアについてなどを詳しく説明しています。包茎手術クリニックの選び方で悩んでいる方の参考にお役立て下さい。

■包茎の手術方法について

包茎手術にはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。包茎手術クリニックによって、可能な手術法に違いがあるため、クリニック選びをする前にどのような手術法があるのかを知っておくと良いでしょう。

□複合曲線作図法

非常に高度な技術力が必要となるため、採用しているクリニックが少ないのが『複合曲線作図法』です。当サイトでも紹介している「上野クリニック」で可能な手術法です。この手法は、仕上がりを考慮して作図するのが大きな特徴です。亀頭を覆っている包皮を切除するラインがしっかり隠れるようにまた、性感を得るために欠かすことのできない裏筋をきっちり残すよう計算した上で包皮を切除して行きます。それにより、とても自然できれいな仕上がりになります。

~複合曲線作図法のメリット~

・切除部分はもちろんのこと、縫合の跡も全く残らない
・出血量を大幅に少なく抑えることができる

~複合曲線作図法のデメリット~

・手術時間が長めにかかってしまう(約1時間)

□亀頭直下埋没法

さまざまな包茎手術クリニックで受けることができるのが亀頭直下埋没法です。これは包茎手術法の中でも比較的新しい手法となっています。亀頭直下埋没法はまず、勃起した際のペニスの長さに沿って、包皮の余りを除去します。その後、亀頭の下部分にあるカリ部分で縫合する方法です。カリ部分で縫合することで縫い目が目立たないのが大きな特徴です。また、亀頭直下埋没法は基本的に裏筋を除去しないため、感度が下がる事がありません。ただ、クリニックによっては裏筋まで切除してしまう事があるので、カウンセリング時に確認するようにしましょう。

~亀頭直下埋没法のメリット~

・カリ部分で縫い合わせるため傷跡が目立ち難い
・勃起時に合わせて施術を行うため、術後に包皮が突っ張らない

~亀頭直下埋没法のデメリット~

・医師の技術力不足により包皮が元に戻ってしまったり、亀頭が締め付けられてしまうことがある
・基本的に術後10日ほどは入浴することができない(シャワーは可能)
・セックスは術後1ヶ月ほど不可

□ナチュラルピーリング法

ナチュラルピーリング法とは切らない包茎施術法です。包皮を剥いて亀頭を露出し、その包皮を縫い合わせて固定するのがナチュラルピーリング法です。要は、美容整形で言うプチ整形のようなもの。特殊な医療用糸を使用するため、抜糸の必要がありません。ただ、この方法は仮性包茎にしか適用しません。

~ナチュラルピーリング法のメリット~

・包皮を切除しないため痛みがほとんどない
・傷跡の心配がない
・仕上がりに満足できない場合は、すぐに元に戻すことができる

~ナチュラルピーリング法のデメリット~

・糸が取れて元に戻ってしまうことがある
・仮性包茎でも症状によっては不可能な場合がある
・仮性包茎以外のカントン包茎や真性包茎の方は受けることができない

□包茎手術の流れについて

包茎手術の流れについては、以下リンク先の下の方に図解付きで説明されています。 クリニックや手術法によって異なる部分があるかと思いますが、概ね参考になるかと思います。

包茎手術の最前線

■包茎手術前のカウンセリングは重要

包茎手術のことばかり気にして事前に行われるカウンセリングを軽視している方が多いと思います。早く包茎を治したい!その気持ちは分かりますが、カウンセリングが十分でない場合、失敗に終わる可能性が考えられます。
包茎手術クリニックを選ぶ際には、事前のカウンセリングを十分に行っているかを確認するのはとても重要なこと!カウンセリングを簡単に済ませてしまうクリニックは、患者の事を第一に考えていない事が分かります。包茎手術を受ける患者は、初めての事であるため手術法も分からなければ、自分がどの程度の包茎かも分かりません。それに、費用のことも術後のことも、そしてアフターケアについても何も説明がなかったらあまりにも心配すぎると思いませんか?そこで、ここではどのようなカウンセリングを行っているクリニックが良いかを説明して行きます。

□症例写真を見ながら手術説明

事前のカウンセリング方法はクリニックによって違いがあります。口頭で全てを説明するところもあれば、過去の症例写真を患者に見せながら説明するところもあります。では包茎手術について何も分からない患者が、医師の説明を十分に把握できるのはどちらだと思いますか?良心的なクリニックは患者に症例写真を見せながら説明しています。また、症状をきちんと患者に説明し、その上で適切な手術法を提案、そしてその手術法について患者が分かるように丁寧に説明しているクリニックを選ぶべきだと思います。
事前にカウンセリングはクリニックを見極める重要なポイントになります。自分がどれだけ包茎手術について理解したかによって、手術に対する安心感も変わってきますよ!

□事前のカウンセリングで確認すること

カウンセリングに行ったら、以下の事を確認しましょう!

①プライバシー保護は完璧か

誰にも知られず包茎手術を行いたいという方がほとんどですよね。そのため、他の患者とも顔を合わせるのは嫌だと思います。完全予約制か、また完全個室であるかなどプライバシー保護がきちんとなされているかを確認するようにしましょう。

②納得行くまで包茎手術の説明をしているか

完全に理解できるまで、丁寧に包茎手術の説明をしてくれるかを確認しましょう。それにより信頼できるかどうかを見極めることができます。

③公式サイトに掲載している料金と同じか

公式サイトでは明瞭会計である旨書かれているし、料金表も掲載されていると思います。実際にカウンセリングに行くと、見積りを提示してくれると思いますから、その金額とサイト掲載料金が同じかを確認しましょう。

■気になる包茎クリニックスタッフの男女比は?

包茎手術を行っているクリニックだからと言って、女性スタッフがいないと考えるのはあまりにも安易すぎると思います。受付や看護師が女性である事も結構多いのが現状です。包茎手術はペニスを露出して行われるため、女性に見られたくないというのが本音ではないでしょうか。
一番良いのは女性スタッフ0の男性スタッフのみのクリニックです。全員が男性スタッフが一番理想ですが、女性スタッフが居たとしても、受付だけに留めて欲しいですよね。男性スタッフの割合については、公式サイトをチェックすることで確認できる場合があります。その中でも全てのスタッフが男性というのが好ましいと思います。公式サイトを見ても良く分からないと言う場合は、カウンセリングに行く事で確認することができます。

□包茎専門のクリニックは男性スタッフがほとんど

包茎手術専門のクリニックであったり、メンズクリニックの場合は基本的に男性スタッフがほとんどです。男性のためだけのクリニックですから、女性が居たとしても受付だけといった感じです。全員男性スタッフと言うところも多いのが特徴です。
包茎専門のクリニックの場合は、完全予約制であることが多いと思います。待合室で他の患者と顔を合わせることが内容に配慮されていたり、完全個室の場合もあります。プライバシー遵守を重視している事も多く、通院に際しての心配を払しょくできるでしょう。
受付にも女性がいるのはちょっと・・・と思うのであれば、全員が男性スタッフのクリニックを選べば良いと思います。包茎専門のクリニックであれば、全員男性スタッフであるところが簡単に見つけられるでしょう。

□一般医療機関は女性医師の場合がある

包茎手術は一般医療機関の泌尿器科でも受けることができます。でも、一般医療機関の泌尿器科は包茎治療だけを行っているわけではありません。それに、包茎専門クリニックと違って保険が適用になるため、費用が安く済むメリットがあるのですが、専門クリニックのような患者への配慮は全くないと言って良いでしょう。
看護師さんはほぼ女性だし、手術を担当する医師も女性であることもあります。男性特有のデリケートな部分の治療になるのに、女性ばかりのため治療を断念する方もいらっしゃいます。しかも、一般医療機関の場合は、薬を貰う際に薬剤師に会わなくてはならないし、薬の説明も受けますよね。他の患者さんにその説明を聞かれてしまう可能性も高く、プライバシーも何もありません。

■包茎手術で使う麻酔ってどんなもの?

包茎手術を受ける上で麻酔は欠かすことができません。何と言っても包皮を切除するのですから、麻酔なしでは手術ができません。手術の痛みを感じずにいられるのは、麻酔のおかげです。ただ、麻酔は主に針を使用して施されます。針を刺す時にも痛みがあるため、極力痛みを感じずに麻酔を施すことができれば良いと思いますよね。
女性と違い、男性は痛みに弱いという話を耳にした事はありませんか?そのため、包茎手術専門クリニックではそれぞれ、麻酔時の痛みを軽減する方法を考案しています。できるだけ極細の針を使用したり、麻酔法を考えるなど痛みへの配慮が素晴らしいと思います。ただ、それは決して全てのクリニックに当てはまることではないと言えるでしょう。最新技術を駆使した痛みの少ない麻酔を施してくれるクリニックを選びたいですよね。

□局部麻酔が一般的

包茎手術において一般的に施されるのが「局部麻酔」です。局部麻酔は手術中も意識がある状態です。包皮の下に針を入れて薬剤を投与して行きます。通常局部麻酔をすれば痛みを感じることがないのですが、人によっては効き目が薄く、多少なりとも痛みを感じてしまうことがあるようです。そんな方のために、局部麻酔と併せて以下のような方法をプラスすることもあります。

・表皮麻酔

麻酔を施す部分の皮膚に麻酔効果のあるスプレーやクリームを塗って行きます。これを行えば、麻酔の針が刺さっても痛みを感じることがありません。

・深部冷却

麻酔を施す部分に凍ったジェルを巻きつけます。すると感覚が麻痺して痛みが軽減されます。

・極細針

極細の注射針により、麻酔時の痛みを抑制します。

□子供には全身麻酔

包茎手術クリニックの中には、局部麻酔ではなく全身麻酔を採用している所もあります。全身麻酔を施すと眠ってしまうため、意識がないうちに手術が終了します。全身麻酔には静脈に注射する静脈麻酔や、マスクをかけて麻酔薬を吸い込むマスク麻酔があります。子供の内に包茎を治療させる親御さんが増えていますが、子供が包茎手術を受ける際に全身麻酔を施すことが多いようです。ただ、全身麻酔は目が覚めたあとも、ボーっとした状態が続くため、車の運転をされる方は注意が必要です。
手術の様子を目にしたくない、眠っている間に済ませて欲しいと希望する方も結構いらっしゃいます。確かに出血を伴う手術を目にしたくないという気持ちは分かります。全身麻酔を希望する方は、それが可能なクリニックを選ぶと良いでしょう。

■施術は院長本人が担当?

良く、名医と呼ばれている医師は院長である事が多いと思います。名医と評判のクリニックを選んだとしても、院長ではなく在籍している医師が施術するとなると少々不安を感じるでしょう。なぜなら、その医師の技術力や実績が分からないからです。包茎手術は医師の技術力によって仕上がりに差が出てしまいます。大手クリニックでは、執刀する医師が多数いるため、それぞれ仕上がりがバラバラというケースもあります。そんな中、やはり安心なのは院長自ら手術を担当しているところではないでしょうか。院長はやはり高度な技術力や豊富な経験を持っている方が多いので安心して手術を受けることができると思います。やはり、クリニックを選ぶ際は、院長本人が手術を担当しているか確認するのがベストでしょう。

□なぜ院長本人が施術を担当するのか

院長は少なくとも他の在籍する医師よりも経験豊富なはずです。もちろん、院長と同じまたはそれ以上の技術力のある医師はいると思いますが、やはり経験に勝るものはありませんよね。各クリニックの院長は、クリニックを開業する前に長い間他のクリニックで技術を磨いてきたと思います。その経験から生まれた技術力は素晴らしいものだと言えるのではないでしょうか。
患者を第一に考えれば、やはり安定した技術力のある院長が手術を担当するのが一番良い方法です。全ての責任を院長が持つという気持ちの現われでもあるし、なにより、患者が安心して手術を受けられるように配慮していると思います。安心して包茎手術を受けたい方は、院長本人が手術を担当しているクリニックを選びましょう。

□院長本人が手術を担当しているおすすめのクリニック

包茎手術クリニックでは院長本人が手術を行うことは多々あるのですが、全ての手術を院長が担当しているクリニックはそれほど多くありません。当サイトのランキングで紹介している評判の包茎手術クリニックでは、院長本人が全ての手術を担当しているところが多いです。その中でもランキング1位の「上野クリニック」は、他院ではなかなか真似できない高度な包茎手術法を行っているため、全ての手術を院長本人が担当しています。だから、包茎に悩む男性に圧倒的な人気となっているのでしょう。全国に15院を展開していますが、それら全て各院長が手術を担当しているので、どの上野クリニックを選んでも安心して手術を受けることができるでしょう。

■手術後のアフターケアの大切さ

包茎手術クリニックを選ぶ上で絶対に確認しておかなくてはならないのが「アフターケア」です。包茎手術に限らず、美容整形においてもアフターケアはとても重要なものになっています。包茎手術を受けた後に不安になる方が多いというのをご存知でしょうか。包茎が治った!と喜ぶのはつかの間、手術したその日の夜には不安になってしまう方が多いのです。それは、麻酔が切れた後の痛みであったり、包皮のつっぱりだったり、人それぞれ不安になる原因は異なりますが、不安になった時にすぐにでも医師に相談したいと思うと思います。そこで、ここではどのようなアフターケアを行うクリニックが安心なのかを詳しく紹介して行きます。是非参考にして下さいね!

□24時間体制の相談窓口

包茎手術を受けた後、痛みなどが起こり夜中でも心配で仕方なくなってしまう方がいらっしゃいます。術後に痛みやその後の症状などを医師が説明してくれますが、それでも不安になってしまうのは仕方ありません。そんな方のために24時間体制の相談窓口を設けているクリニックがあります。夜中でも土日祝日であっても、いつでも電話やメールで対応してくれるアフターケアはとても安心です。ただ、相談にのってくれる相手がまだ経験の浅い医師であったり、看護師である場合は少々心配です。できれば、経験豊富な男性医師が相談にのってくれるクリニックを選ぶと良いと思います。いつでも相談できる事が分かっていれば、安心して手術を受けることができるに違いありません。

□術後安定するまで無料診療を実施

まず手術を受ける前にカウンセリングを受けると思います。その際に、料金には薬代やアフターケア代が含まれているかを確認しておきましょう。公式サイトにもその旨記載しているクリニックもあります。良心的ではないクリニックの場合、術後診察毎に料金が発生することがあるため注意が必要です。良心的な包茎手術クリニックでは、術後何度診察を受けても無料となっています。また、全国にクリニックを展開しているクリニックの中には、手術を受けたところでなくても、同系列のクリニックであれば、どこへ行ってもアフターケア(診察)が無料としています。男性は出張や転勤が多いですよね。まだまだ診察が必要な時期に他県に出張になってしまったら不安ではありませんか?でも、そのようなシステムのクリニックであれば安心だと思います。

TOPへ戻る