世代別!包茎によるこんなお悩み

<10代~20代の悩み>~友人との違い、彼女に笑われるのでは?という悩み~

思春期の頃は特にペニスなどに関する悩みが大きくなりがちです。人と違う、ということが特に気になる多感な時期でもあります。修学旅行などの入浴で友達に包茎を笑われたりからかわれたり、包茎であることを恥ずかしく思って人付き合いに影響が出る場合もあります。
人によっては、20代になっても包茎がコンプレックスで恋愛に前向きになれないということもあります。女性と付き合いだしてから包茎が原因でうまくいかなかった、セックスが不安だという方も多いです。

20代ともなるとそろそろ結婚を考える方も多くなり、包茎がただのペニスの問題にとどまらず一生を左右する問題にもなりかねないようです。包茎手術を受ける方も多くいらっしゃいますね。

<30代~40代の悩み>~サウナや銭湯にいくのが憂鬱・・・EDの恐怖も~

30代から40代と大人になっても、包茎のコンプレックスを抱えたままの方は決して少なくありません。銭湯やサウナに行くのが恥ずかしいという方もいらっしゃいます。中には小さな子どもに「皮をかぶってる!」と悪意なく言われてしまうようなケースもあり、こうなってしまっては本当に赤っ恥です。

また、夫婦間の夜の営みに支障をきたしたりなど、包茎が深刻な生活の問題になってくることもあります。夫婦が離婚する原因でセックスレスは決してレアケースではありません。包茎に関するコンプレックスや辛い出来事が原因で若くしてEDになってしまう可能性もあります。
包茎手術を行う専門クリニックにも、こうした悩みを持った30代~40代の方は多く訪れています。

<50代からの悩み>~入院や介護で訪れるカテーテル挿入の恐怖~

50代以降になっても、包茎の悩みと完全に無縁ではいられないのが男性の辛いところです。年齢を重ねるにつれてペニスの排尿機能が低下してしまうと、尿が包皮と亀頭の間に残ってしまい菌の温床となるケースもあります。ですから、包茎によって健康問題が生じるのは性病の危険が増大する若い方だけでないのです。

また、50代以降になると入院・介護のリスクが大きくなります。当然看護婦やヘルパーの方にペニスを見られてしまうこともあるのですが、やはり包茎はいくつになっても恥ずかしいものです。もちろん医療・福祉従事者は仕事で毎日そうした世話をしていて笑ったりすることはないのですが、それでも介護を受ける当人には非常に気になる問題のようです。

TOPへ戻る